ショパニスト関西ロゴサイトマップ
ホーム ご挨拶 活動内容 過去の記録 入会案内 メンバーオンリー

ショパニスト関西の活動内容

フレデリック・ショパン
活動内容

具体的な活動、会員の参加形式について

練習会

スタジオ、公共ホール等で開催しています。
事前に参加表明、定員制で会員どなた様も参加できます。
日頃の練習の成果を披露する場となります。
自由曲のみの場合や、テーマを決めて特集で開催することもあります(ショパン曲1曲必須、古典、バロック特集等)。
コンペ前練習会、リレーコンサート前の練習会等は自由曲となります。
ノーマルな練習会の場合、練習タイム(練習モード、譜読みモード)が中心となりますが、進行の都合上、本番モード(ライトアップ・アナウンス等)の時間を設けることも多いです。

他の方との曲重複も可(ショパンオンリーオフのみ不可)です。

ショパンオフ

年に数回、ショパンオフと題しましてショパン曲のみの特集をします。
自由曲との組み合わせという場合もあります。

特に年一回はショパンオンリーオフとして、エントリー曲はショパン曲に限定。
全員曲重複なしで作品番号順による配列で、参加される演奏者すべての方が一体感を味わえるところが当会の最大の特徴です。

いわゆる「小犬のワルツ」はワルツ6番 Op.64-1、そして某医薬品のCMの親しみ深いBGMの曲はプレリュード Op.28-7として立派なエントリー曲として扱われます。
ショパン好きな方にはたまらない企画です。

コンサート

発表会に相当するコンサートも開催いたします。
出演者 ショパン曲を自由曲と組み合わせて持ち時間制にし、プログラムを作って一般公開にて開催します。

プログラム演奏順に関しましては、よくある難易度による配列、またピアノレベルや年功序列による配列は一切せず、曲想にあわせた曲順で、演奏者の最高のパフォーマンスが聴衆に伝わるようにします。



以上の3つが ショパニスト関西の主な活動となり、ほぼ毎月なんらかの行事が予定されてます。
尚、練習会、演奏会等のイベントの開催は日曜の午後(時には午前から)が8割、その他(土曜夜・祝日など)が2割となっております。
ピアノ
ホームへ このページの上部へ
ショパニスト関西ブログ
メンバー動画

メンテナンス中

リンクサイト
お問い合わせ
お問い合わせは
info@chopinist.jp
まで
ショパニスト関西